Social Lending wiki

個人間融資 借入・投資の新しいスタイル『ソーシャルレンディング』

新しい言葉というのは気がつくと当たり前のように使われています。よく耳にする「ソーシャル」という言葉もその中のひとつではないでしょうか?ソーシャルネットワーク、ソーシャルゲーム、ソーシャルアプリなど、数多くのソーシャル○○といったものが、どんどん世に広まっています。

そしてソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などインターネットの発達によって様々な情報と共有が可能となり、どんなに離れていても人と人がインターネット上で気軽に交流できるようになりました。そして今、このインターネット上の交流を活かした「ソーシャルレンディング」というサービスが注目されています。

ソーシャルレンディングとは、『お金を借りたい個人や会社』と『お金を投資したい個人や会社』をインターネット上で結びつけるサービスです。別名『個人間融資』とも呼ばれることもあります。インターネットだからこそ可能になる多くの情報伝達やあらゆる人との繋がりを活かし、お金を借りたい人と貸したい人(投資したい人)を日本中から集め、借り手は低金利な借入を、貸し手は数万円程度の資金から手軽に投資を始めることができるのです。

ソーシャルレンディングとは
※SBIソーシャルレンディングより抜粋

個人間融資といっても個人と個人だけで取引をするのがソーシャルレンディングではありません。ソーシャルレンディングとは個人(または企業や事業者)が資金を投資し、それをソーシャルレンディングを運営する会社が仲介します。その運営会社が個人(または企業や事業者)へ融資するのです。

すなわち、投資家は運営会社に投資することになり、借り手は運営会社から融資を受けることになります。ソーシャルレンディングとは投資家からの資金を元に融資を行う新しい形の金融なのです。

▼▽▼ソーシャルレンディングを始めてみませんか?▼▽▼

PAGETOP